占い

チャートと歴史

ホロスコープを見て無料で占える

占い

インターネットで無料の占星術を占う場合は、必要がありません。しかし、自分で占星術を占う場合は、ホロスコープが必要になります。このホロスコープは、自分の星の配置図の事を言います。占星術ではこの配置図が必要になるので、自分で作成しなくてはなりません。特に最も大切なのが、ネイタル・チャートとバース・チャートの2つです。バース・チャートは、自分が生まれた時の星の配置を示す図です。この図では、自分が元々持っている才能や性格を表しています。昔はこのチャートを作成するには、天文学者や数学者の専門的な知識が必要でした。しかし、今ではパソコンを使って瞬時に計算をすることができるので、すぐにバースチャートを作成することができるようになっています。そのため、占星術師はこのチャートを参考に、相手の運命や性格を占います。初めての人が、そのチャートを見ると何が書かれているのかもわかりません。しかし、そのチャートの基本ルールを覚えれば、だれでも占星術師になることが出来ます。

西洋占星術の歴史

西洋占星術の歴史は意外と知られていませんが、実際に存在しています。西洋占星術は、古代のエジプトが起源です。紀元前2千年エジプトでは、神々と星を結びつけて行われていました。そんな時に地上での出来事は、星の動きと関係していることを知り、そこから天体の動きを読み、予測するようになりました。これが、占星術の始まりとなったのです。ローマや古代ギリシアでは、エジプト人が生み出したものとして知られています。そのため、インターネットでも、その占星術は無料で占われています。